日本のレシピ

オリーブオイルとスダチが香る神戸焼肉


• 神戸の但馬牛200g
• タマネギ 1個
• エシャロット1個
• レモン 1個
• スダチ(またはライム)1個
• みりん(または日本酒)小さじ1
• 醤油 1L
• 七味とうがらし(または一味とうがらし) 1つまみ
• 塩 1つまみ
• オリーブオイル(エクストラバージン) 適量
準備 神戸焼肉は、調理する5~10分前に冷蔵庫から肉を取り出しておきます。その間に、神戸焼肉の付属ソースを準備します。玉ねぎとエシャロットをみじん切りにし、少量のエクストラバージンオリーブオイルで軟らかくします。みりんを加えて味を染み込ませ、醤油を加えてストーブの上で少しずつ煮詰めていきます。

火からおろして、レモンとライムの絞り汁(またはすだち)、唐辛子、塩少々を加える。ソースを温めながら、神戸焼き肉の準備をします。鋳鉄製の鉄板をよく熱し(神戸焼肉の場合は鋳鉄製の鉄板かバーベキューを使用)、神戸牛を少しレアな状態で焼く。最初の面が焼けたら、キッチントングで裏返して、もう一方の面を焼いていきます。神戸焼肉は、肉に穴が開いて肉汁が出ないように、フォークは使わないでください。神戸焼肉ができあがったら、焼きたてのソースを添えて、最後にエクストラバージンオリーブオイルをたっぷりとかけていただきましょう。

*すだちは日本原産の小さな丸い緑色の柑橘類で、日本の徳島県の特産品です。
https://www.ricettedalmondo.it/yakiniku-di-kobe.html
このプロモーションキャンペーンの内容は、それに対して全責任を負う著者の見解を表現したものです。 欧州委員会は、そこに含まれる情報の使用について一切の責任を負いません。