ヨーロッパのレシピ

ピーマンとツナのクリーミーパスタ


  • ショートパスタ 200g
  • 赤パプリカ 1個
  • ニンニク 1/2片
  • クリームチーズ 100g
  • バジルの葉 2枚
  • 塩 適宜
  • パルメザンチーズ 小さじ2
  • ツナ缶(オイル漬け) 80 g
  • オリーブオイル お好みで
準備

パプリカは洗って水気を拭き取り、ヨーロピアンオリーブオイルでコーティングする。フライヤーに入れ、200度で30分焼く。時々裏返し、均一に火を通す。

焼きあがったら、袋に入れ密封する。これはおばあちゃんたちが、パプリカの皮を早く剥くために使っていた方法です。皮をむき、種を取ったら、クリームチーズ、塩、パルメザンチーズ、ツナ、にんにく、バジルの葉と一緒にミキサーにかける。よく混ぜ合わせたら、置いておく。塩を加えたたっぷりのお湯でパスタを茹で、アルデンテになったら水気を切り、パプリカクリームと和えて、完成!

https://blog.cookaround.com/veronic/pasta-cremosa-con-peperoni-e-tonno/
このプロモーションキャンペーンの内容は、それに対して全責任を負う著者の見解を表現したものです。 欧州委員会は、そこに含まれる情報の使用について一切の責任を負いません。